「ねこぼく」そうじ

先日、阿蘇でのレッスンの合間にねこぼく(むしろ)そうじをしました。
それぞれが持ち寄った木の棒や布団叩きでバシバシ叩くと、すごい埃がでてきました。

そのあとは水で濡らしたタオルでゴシゴシと。
しばらく日光にあてて、メンバー宅の倉庫に保管していただきました。

みんなで労働気持ちよかったです^ ^
日向からもお手伝いに来ていただき、ありがとうございました!

このねこぼくは熊本地震後に立ち上がったボランティア団体「南阿蘇よみがえり」の拠点としてお借りしていたお家の納屋にしまわれていたものをお借りしました。
昔は自分たちで藁のねこぼくを編み、脱穀したお米を広げて干したりするのに使われていたそうです。

この貴重なねこぼくはフラを踊る際に敷いてつかわせていただきます!

カテゴリーNEWS